メモ帳

オタのメモ帳。好きにうもれて生きてたい。

「チョット愚直に!猪突猛進」 感想

2016年2月17日発売のこぶしファクトリーの2ndトリプルA面シングル

「桜ナイトフィーバー/チョット愚直に!猪突猛進/押忍!こぶし魂」から

「チョット愚直に!猪突猛進」の感想

 

「チョット愚直に!猪突猛進」リリース詳細

作詞:前山田健一  作曲:前山田健一  編曲:鈴木俊介

ヒャダインさんがハロプロに寄せたらこうなるのか!!と思った。

ヒャダインさんっぽさもありつつハロっぽさもありつつな感じ。

鈴木俊介さんが編曲してるからっていうのも大きいのだろうけど。

以前℃-uteに曲を提供できるというコンペ的な番組でMCをしてたヒャダインさんが曲を提供するならそのグループの持ち味をうんぬんって話をしてたらしい。(うろ覚え)

勢いがあって、のりが良くて、ちゃんと歌えるこぶしにぴったりだと思う。

デビューシングルがとても良かっただけに、2ndに不安と期待があったのだけどとてもいいなと思った。

『ちょっちょーちょっ!(ちょっと!)ちょとつもーしんっ!!』

これ頭の中グルグルする。

キャッチーってのは大事だなって思いつつ、あきるのも早いかなーと意地悪なことをかんがえつつ、いい曲はそれでもまた聴きたくなるし、それならつかみは強いほうがいいなぁって思った。

MVに関しては画面がころころ変りすぎてせっかくテレビで「いのししダンス」ってアピールしたのにそれがちゃんと見えないのはなんなの?!!って思ってる。

それぐらいならダンスショットだしてよ。

・・・って思ったけど、やっぱりダンスがそこまでそろってないように感じた。

ダンスショット出すならもうちょっとそろえて欲しい。

アピールしたい「いのししダンス」のサビのところだけでも。

めちゃバラバラってわけでもないけどなんかまとまりない感じがした。

Berryz工房は確かMVのときが一番振り付けが揃ってるって言ってたような気がする。

あとはどんどん自己流になっていくって話。(それはそれで問題かもだけどベリだしな。)

揃うのがすべてじゃないと思うけど、ベリの「ヒロインになろうか!」のダンスショットでそれぞれ個性があるけど揃ってるっていうめちゃめちゃかっこいいのを見せつけられたから、その後継者といわれるこぶしにもそれを期待したい。

こぶしファクトリーの子はみんな可愛いし、それぞれ個性的でとても魅力的。

それに実力もある。歌声も好みの子ばかりですばらしいな!

他人なのに自分の子どものように成長をみられるってとても楽しい。

それが可愛くて才能ある子だったらなおさらだなと、結成から応援できる幸せをかみしめている。

あと可愛いいのししの衣装で踊るのもいつか観てみたい。

ぜーったい可愛いもんね。

 

 

そういえば間奏のシンセのところが初期のB'zっぽいと思ってたんだけど、何の曲だったか思い出したいのに思い出せないから思い出したら書こう。

ヒャダインさんと同じぐらいの年だから、聞いてきた音楽や影響を受けた音楽ってやっぱり似てくるのかなと思ったり。

そこから繋がって星部ショウとは何者かって話になったのだけどこれも後でメモしようと思う。

それにしても「ヒロインになろうか!」のダンスショットからyoutubeのリストをずっと聞いてるのだけど、めっちゃかっこいいなベリ!!

好きだなベリ!なんで気付かなかったんだろ。もっと早く気付きたかった。

音もかっこいいな。聴いてて楽しい。音楽は楽しいな。

 

 以下は曲を聞いた感想のツイート

 

2/22

アプカミでオルガンレコーディングの様子とダンスマンとヒャダインの対談がアップされたのでメモ。

 25:00あたり

 「一般的にロックはですね~(略)左から4つを引っ張って~(略」と

言っているので、この音はよくロックで使われる音らしい。

へー!B'zっぽいと思ったのはこのせいか。

 

 対談の中でこの曲はなにかのオマージュであるという話だった。

分からなかったのでつぶやいてみたら親切な方に教えてもらった。

どうやらChaseの「Get It On(邦題:黒い炎)」という曲らしい。

聴いたことはあったけど、曲名は知らなかった。

こぶし魂ほどオマージュ元は分かりやすくはないかな。

あ、でもBPMが初めは15ほど遅かったっていうのとブラスの音の感じはそれっぽいかな。鈴木俊介さんに編曲なのは必然だなと思った。