読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ帳

オタのメモ帳。好きにうもれて生きてたい。

NEXT YOU 「大人の事情」 感想

NEXT YOUの「大人の事情」が配信。

気になっていた曲だったのでiTunesからダウンロード。

 

この曲もつんく♂さんの作詞・作曲。

 

以下感想

 

視聴のイントロの時点ですでに引っかかりこれは好きな曲だと思った。

もう少しごてごてしてるかとおもったけど、思ったよりも音が少ない感じがした。

引き算されてる印象。

でもいろんな音の種類がいい感じに入ってる。

ジリジリする音と優しい音と良いバランス。

「歌を歌っても~」の静けさと「君が離れない」からリズムを細かくして、サビに向かって盛り上げていく感じも好き。

「フゥー!」と言ってるみたいな音が入ってるのすごく好き。なんだこの安心感。

「この恋認めてよ」を「このきょい認めてよ」って歌ってるのもいい。

「こ」が言いにくいから「きょ」で発音してるのかも。

ちょっと懐かしい感じのする曲だけど古臭くはないのがつんく♂さんだなと思った。

歌詞がとても切ないのでそれと合わさってとてもいい。

イントロの印象がアイサレタイノニ…に似てる気がする。

そりゃ好きに決まってるわ。

 

かりんちゃんの歌い方がちょっといつもとちがう感じがする。

しゃくりが多い。ハキハキ度が高いかなぁ。

でもカウントダウンのライブだとそうでもないか。

波奈様(かなとも)とだちまゆ(さゆき)のユニゾン綺麗。好き。

つるりん(宮崎さん)声が可愛いからいいアクセント。

碧ちゃん(あーりー)は芯が強そうな声が良い。

歌の歌詞もすごく好き。とても切ない。

やっぱりつんく♂さんの中には女子が何人か住んでいる。

ただ、ガチ恋の人には辛い歌詞だなぁと思う。

 

アイドルってなんで恋愛禁止なんだろう。

やっぱり本人に恋をしてもらうお仕事だからなのかな?

握手する、一緒に写真をとる、写真を販売する、ライブをする。

アーティストと呼ばれる人たちだってそういうことはしている。

アーティストとか歌手と呼ばれる人たちは、その人の人となりよりも歌を売りにしているから、相当ひどくない限り歌がよければ本人がどうとかは気にならないように思う。

あとは本人のキャラクター。

それが許されるキャラクターかどうかっていうのは大きいように思う。

恋愛感情はないけれどその生き様や歌やパフォーマンスが好きで応援している人は、彼氏がいてもファンを辞めるとかはなさそうに思う。

結局は何を売りにして、どういう売り方をしているのかによるのかも。

 

ハロプロはアイドル集団と呼ばれている。

成長過程やその子の人となりを見せることでファンになったりというところはまさしくアイドルなのかもしれない。でも実力主義で歌とダンスパフォーマンスに力を入れているし、私はつんく♂さんの歌から入ってあややモーニング娘。プラチナ期→鞘師のダンスで完全に落ちたパターンなのでやっぱり歌とパフォーマンスありきだとも思う。

私はハロプロの「自分たちはプロである」というプライドとそれを支える日々の努力、可愛い女の子が自分を磨きまくって更にキラキラして、その輝きを惜しみなくみせてくれるステージが好きだ。

楽屋で変なポーズで写真を撮っているはっちゃけた9期も大好きだ。

何よりもつんく♂さんの作る音楽が好きだし、その影響を残しつつ発展していく「なんだかどこか引っかかる」ハロ曲が好きだ。

ハロプロを応援しているけれど、そこに恋愛感情はない。

ひたすら親のような「この子たちがいつも元気で幸せでありますように」という気持ちである。

ああ尊い。拝みたい。

 

それでも恋をするのはいいけれど、誰かとお付き合いしているとかに関しては隠しておいてほしいなと思う。

私はアイドルとアイドルのステージに夢を見ている。

彼女たちのファンにいいものをみせたいという思いと、そのための努力とその結果の輝きと放たれるエネルギーが好きだ。

ファンのコールもライブを盛り上げるもので、アイドルはファンのために、ファンはアイドルのためにという気持ちのやり取りみたいなものがそこにはあると思う。

アイドルとファンとが作り出す夢の世界。

日々のもやもやとかを忘れられる夢の世界だと思っている。

 

恋をするというのは一人でも出来る。でもお付き合いするとなると相手がいる。

お付き合いするとなるとただ恋をするより生々しさがでてしまって夢から現実に戻されてしまうのかなと思う。

恋をするのも、誰かを愛するのも、誰かとお付き合いするのもしょうがないと思う。

恋は落ちてしまうものだし、恋心はそれこそ「大人の事情」の歌詞のように育っていくものだと思う。その気持ちが育って思いが通じた結果として誰かとお付き合いをするのもその子の幸せを考えると他人がなにか言えるものではない。

でもやっぱりそれは現実から離れて夢の世界に浸りたいファンにとっては余計な情報なのかなと思う。

ガチ恋の人にとっては完全にいらない情報だと思う。

アイドルはたくさんの人に愛されてこそだと思う。

色々なファンがいて、色々な気持ちで応援してくれるファンがいることを考えるとやっぱりお付き合いしている人がいることは公にしないほうがいいなと思う。

 

と言っても私は、あややが今の旦那様とお付き合いをしているという報道が流れた時に

「あら、お似合いねー」と思っただけだった。

彼の歌もパフォーマンスも素晴らしいものだと知っていたから。

相手選びも大事だなぁと思う。

他人の好きを否定してはいけないと思うし、本人が好きで幸せならばとおもうけど、やっぱり人間的に問題のありそうな人とお付き合いしているとショックではある。

「うちのかわいこちゃんが!!なんで?!」みたいな。

でもそんなことよりも何よりもあややは歌だ。

交際報道よりも病気の報道の方がショックだった。

もちろん身体の心配もしていたけれど、あややがずっと歌を続けてくれるといいなと思った。

オタクは欲望に忠実でわがままだな。

 

私はハロプロにまずプロとしてのパフォーマンス、夢中にさせてくれるパフォーマンスを求めているのだと思う。

だからそれをみせてくれるならきっと満足なんだろう。

媚よりもパフォーマンスのクオリティ。

そのために青春の大事な時間をつぎ込んで真剣に取り組んでいる子たちだからこそ、まるごと応援したいと思うのだろうな。

恋をしてもそれがパフォーマンスの質を高めるならたぶん何も思わないけれど、恋をして上の空でパフォーマンスの質が低下するぐらいなら、ステージから降りてしまえと思っている。

目の前にいるお客さんよりも彼氏のそばに居たいならステージから降りろと。

ONとOFFの切り替え、そしてクオリティ、それを10代の子に求めるのは酷なことだと思う。

でもそれがプロであり、それを実行しようとしているのが今のハロプロの子たちなんだと思う。

 

私は「大人の事情」の歌詞の子より「アイサレタイノニ…」の歌詞の子が好きだな。

 

 

 ******************

6/24追記

http://www.up-front-works.jp/release/detail/HKXN-10001/

ドラマ「武道館」のBDと一緒に「大人の事情」のCDがつくことに!!!

インストも!!!

作詞・作曲つんく♂さん、今まで不明だった編曲者が平田祥一郎さんだとわかった。

イントロでアイサレタイノニ・・・に似てると思った私の直感は合ってたらしい。

大久保さんかなーとも思ってたんだけどね。

それにしてもインスト欲しすぎる。