メモ帳

オタのメモ帳。好きにうもれて生きてたい。

秋ツアー武道館の感想

2017年11月21日、武道館で行われた『モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋~We are MORNING MUSUME。~』に行ってきました。
その感想です。セットリストのネタバレ含みますので注意。
勢いでかくので読みにくいのはすみません。




もうね、一言で言うと天国だった。幸せすぎて夢みたいで生きててよかった、仕事がんばってよかったって思った。

最初で最後の秋ツアーでこれでモーニング娘。のどぅーを生で見るのは最後か~とか思いながら着席。
今回は1階南東スタンドという真ん中よりの素敵席だったので音もいい感じに聞けるかなって思ってたのだけど、思ったよりも声の輪郭がわかりにくいというかぼわんぼわんしてつぶれているような音に感じた。
武道館に入るのは今回二回目で前回は真横の席だったので武道館はこんな感じなのかなと思ったけどどうなんだろう。

亡霊オタクなので一曲目の『わがまま 気のまま 愛のジョーク』からセットリストに苦しくなりつつ、あー娘。さんたち可愛いなぁかっこいいなぁと思いながら黄緑のサイリウムをふっていた。
二曲目にアルバム曲『ナルシスかまってちゃん協奏曲第5番』がきて、ずっと聴かないように我慢してたのでとてもテンションがあがった。
ちゅるるっちゅるるーはどこからきたんだ?!つんく最高かよ!
つんく曲いいよ。つんく曲。アルバム楽しみ。
そのあとも『気まぐれプリンセス』座りまーちゃんスタートかっこいいとか、
『THE マンパワー!!!(updated)』のものごっつい掛け合いが可愛い声だったりかっこいい声だったりいいなーとおもったり、
『What is LOVE?』はやっぱり楽しいなとか間奏のところのさくらの手がくっついてて「おお!!」と思ったり、
『邪魔しないで Here We Go!』は後半のどぅの『邪魔しないで』からのまーちゃんのソロの甘い声がすごく印象的で好きだなぁと思ったり、
アルバム曲の『CHO DAI』がまた楽しいから早くアルバムで聴きたい!はやくCHO DAI!!っておもったり、
『私のなんにもわかっちゃない』のさび?のところの上にあーあー↑って行くところの上がりが去年の秋のパシフィコで見たときのほうが滑らかだったんじゃないかとか思ったり、間奏の以前はかのんちゃんがセンターで、今回は飯さんがセンターだったかな?の片手を前に出してやる振り付けの肩のアクセントの入り具合で好みの子がいないか確認してみたり、
途中のMCで会場みんなでウェーブをすることになって、これ結構タイミング難しいなとか、二度目のウェーブを希望したまりあんらぶりんが端から端に全力ダッシュしてて、まりあんらぶりんのこういうところ好きだなとか思ったり、
20周年振り返りVTRに鞘師がいて「さやしぃいいいいいいいいいいい」って心臓痛くなったりもしたけれど
愛の種』もいい曲だなぁとかわりと余裕のある感じでみていた。

で、『シャボン玉』ですよ。
「ん?なんかれいなっぽいシルエット・・・れいなじゃん!!!」からの

『愛するひとーは♪「れいなだけーーーーーーーーー!!!!!」
うぁああああああああああああああ!!!!!!!れいなぁああああああああああ!!!!!!

『あーいのしゃぼんに抱かれてー』
うわぁあああああああああああああああああああああいちゃあああああああああん!!!!!

『なのに!どこいったんだよーーーーーー!!』
ちゃあゆうううううううううううううううううううううう!!!!!!!!

目の前に私がモーニング娘。かっこいい!と動画をみまくるきっかけになったプラチナ期のメインを担っていたれいなと愛ちゃんがいてさゆがいて、普段そんなに声を出したりするほうじゃないし、もともと少しのどが痛かったのにもかかわらず思わず声がでてしまった。もう即サイリウムをピンクに変えたのはゆるしてほしい。
その後『リゾナント ブルー』を歌われた日にはもう泣くしかない。これ何度も何度もみたもん。
ああ本当にかっこいい。そして愛ちゃんの表現を目の前で、というかリリウムで現場デビューなのでれいなの娘。時代もライブを生で見たことがなかったし、さゆも単独のライブでというのはなかった(各種イベント除く)ので、好きになるきっかけになった画面の中のかっこいいプラチナ期と呼ばれる時期の娘。メンバーが目の前で歌って踊ってることが夢みたいだった。
初めての「れいなだけー!!!」は最高だった。
リゾナントのコールもめっちゃ楽しかった!!最高だった!

愛ちゃん本当にかっこいいな。歌も表情も視線もダンスもやっぱりかっこいい。どうしても目が追いかけてしまう。
れいなは本当にあのときのまま画面からぽんと抜け出してきたみたいだった。
さゆはお人形さんみたいだった。すごく丁寧に作られたとても美しいお人形さんみたいだった。


感動してテンションあがりすぎて泣きすぎて、声もカスカスしてきたところで『好きだな君が』がきたときの私の気持ちを想像してください。
まず『好きだな君が』は歌詞も曲も大好きなんです!!!大好きなんです!!本当に!大好きなんです!
それをね!私は生で見たことがなかったのです。ずーーーーーーーっとみたいと思っていて、でもかなわなくて、さゆの卒コンのふくむらダッシュからの『好きだな君が』を自宅でスカパーの生中継でみて号泣して余計に思い入れの強い曲になっていたんですよ!!!

そ れ が !

目の前で!!!!

観れたのです!!!!!

うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!

神様!!!!!!ありがとうございます!!!!!
事務所様!!!!!ありがとうございます!!!!!

ちゃゆぅうううううううううううう!!!!!ふくちゃぁああああああああああん!!!!!

はぁ・・・人間感極まると言葉ってどんどんシンプルになるんですね。


と『好きだな君が』で放心状態になったところでロボキッスのイントロがきて「ふぉおおおおおおおおおおおまーどぅー曲きたぁああああああああああああ?」って思ったら辻ちゃんがいた!!!!
まーどぅーですでに盛り上がりまくっていたのに辻ちゃんだよ?!!!!すごくない?!
辻ちゃん声可愛いなぁああ!
私が画面で見ていた辻ちゃんは子どもだったので大人になった辻ちゃんが踊って歌ってるのはまったく違った感じだったけど、やっぱりうまいなぁ。娘。は歌うまい!
そしてまーとどぅーはやっぱり一緒だと何倍も素敵だなぁ。すっかり声も大人になったけど、でもやっぱり可愛くて可愛くて一緒だと可愛さが何倍にもなると思う。ずっと楽しそうで笑顔で振り付けの可愛さも合わさって可愛い祭りだった。あれが幸せって言うんだきっと。

その後MCがあったのだけど、れいながどぅからもらったピアスをすぐつけてそれを話題にしてくれるってところにれいなの優しさを感じてれいな大好きだと思った。
あと、「さゆぅうううううううう」って叫びすぎた。
さゆの声もカスカスでつらそうだったのにびっくりした。
あとからの情報によるとずっとのどを痛めていて声が出なくってあの時も治っていない状況だったらしい。
MCでふくちゃんとまた万全の状態で歌う約束をしていたのでそのときは絶対に見に行きたい。

20周年記念曲『五線譜のたすき』については保留で。別にかく。


とりあえずその後は興奮しすぎて色々記憶が微妙だったりするのだけど、
アルバム曲『もう 我慢できないわ~Love ice cream~』がこれまた楽しくて、あかねちんがとても先輩の顔をしていたのが印象的だった。はーちんもがんばってた!1年前はソロの部分とかであれ?って思うこともあったけど、そんなことなかった。とてもよかった。かえでぃーは期待していた通りできる子だし手足長いしかっこよかった。
そしてよこやん!よこやんすっごいうまくなってない?!歌もダンスも!
この4人に曲をくれたつんく♂さんはやっぱりつんく♂さんだなと思った。
今後がすごく楽しみだと思った。
メドレーも楽しかった!
『セクシーキャットの演説』可愛い猫さんとかっこいいダンスを堪能し、
君さえ居れば何も要らない』の『この娘の笑顔を誰も奪っちゃダメ』でまーどぅー向かい合ってたのをみてふぉおおおおおおおおって盛り上がったり、『目をキラキラさせて~』のだーちゃんがものすごく歌もキラキラ具合も極まってて感動したり、
『A B C D E-cha E-chaしたい』の「DO」でぴょんと飛ぶどぅを観て切なくなったり、
『What’s Up?愛はどうなのよ』の手を順序良く上げていくのはやっぱり楽しいと思ったり、
『NATURE IS GOOD!』はあまり聴いたことない曲だったけどこれまた楽しかった。
『Be Alive』は曲も好きだけど、これを歌ってるさくらの歌声がものすごく素敵で印象に残ってる。

この地球の平和を本気で願ってるんだよ!』の『がーきーあーつかい』をセンターで歌うえりぽん!!!熱い!!
しかもかっこいい!!えりぽん!!!よかったね!えりぽん!!!と涙ぐんでみたり、
泡沫サタデーナイト!』でかえでぃーのDJで高まったり、
この前初めて聞いた『Happy Night』はCDだともっと夜のだらだらした感じの大人のイメージだったけどライブだとめっちゃ元気でハッピーで楽しかったり、
ここにいるぜぇ!』はみんなキラキラでかっこよかった。あれはいいものだ。元気が出る。
アンコールの『若いんだし!』の重なっていく10期の声と真ん中のどぅーがとても素敵だった。
『涙ッチ』でえりぽんがちょっと泣きそうな顔してる?って感じだったのだけど、そんなえりぽんの頭をぽんぽんするふくちゃん、次の2番でふくちゃんの頭をぽんぽんするえりぽん
この曲の前にMCがあったのだけど、ふくちゃんが『武道館に立てるのは当たり前じゃないけど、当たり前に立てるモーニング娘がかっこいい、9期が一番上になって先輩を武道館によんでコンサートできるのが嬉しい』(意訳)と言っていたのが重なって涙が出てきた。頭の中に、途中にあった10期MCでの10期武道館お披露目のときの再現のように9期お披露目のときのえりぽんつんく♂さんに降りといでって言われてるふくちゃんとかが出てきて、ああ当時は卒コンとかで武道館だったけど、これは誰かの卒コンではなく東京公演なんだなって、そんなモーニング娘。を9期の二人が一番上でひっぱってここまできたんだなって思った。
アンコールも終わって、最後に9期がステージからさがっていったのだけれど、ステージの上で二人そろってとても綺麗にお辞儀をして降りていった。それがまたとても誇らしくてかっこよくて最高だった。

OGの登場で頭がスパークしていたけど、全体的な感想としては娘。さんたちみんな歌が安定してきてるってことを感じた。今まで歌割がたくさんあるけどちょっと不安定なこともあっただーちゃんもすごく良かった。はーちん、あかねちんも新しく踏み出した感じ。さくらとふくちゃんの安定感、場の支配力はさすがだと思う。音響微妙だなぁと思っていたけど、それでもやっぱり素敵だった。ちぇるもこれからどんどん前にでてくるんだろうな。
りあんらぶりんはまず見た目がいい。スタイルが抜群でそれがまずとても良いということを再認識した。あとは大好きなものを大好きだといえる強さ。やりきる強さみたいなものを感じたので、これからもそんなまりあんらぶりんを応援したい。
今回一番びっくりしたのはよこやんかも。小さいけれど存在感がすごくあった。ダンスも歌もとても気になる存在。
私たぶんよこやん好きかも。
ちぃちゃんは正統派な美少女だった。大きなモニターにうつるちぃちゃんすごいかわいい。

そしてまーちゃん。まーちゃんのパフォーマンスは今までもずっと面白かったし魅力的だったけど、たまに歌でアクセルをふみすぎてるなって思う場面があったりしていたようにおもう。(それも含めて熱いまーちゃんのパフォーマンスが好きなんだけど。)今回はそう思うことがなかった。アクセルの調整がものすごく滑らかになった感じ。ここはこう走りたい、ここはこのスピードで、ここはゆっくりとか。どこでどういう声を出していこうとかとても丁寧な感じ。パフォーマンススキルがさらに上がった印象。楽しそうで、かわいくて、かっこよくて周りをどんどん巻きこむ力がめちゃくちゃ強い。
鞘師のパートをたくさん引き継いでいたけど、これからさらにまーちゃんの色にどんどん染めていくんだろうなって思う。
そしてどぅーの歌声はやっぱり好きだなと思った。鞘師のときも、かのんちゃんのときも思ったけど、すごいなぁとか、この歌声をもっと聴きたいなぁとか思っていると卒業ってつらい。
卒業前に一気に成長するんだもんな。そして卒業した後にまた残されたメンバーがものすごく成長するんだもんな。
本当にモーニング娘。はいつまでも未完成でおもしろい。

とにかくモーニング娘。’17秋ツアーの東京公演的な武道館はとても楽しかった。