メモ帳

オタのメモ帳。好きにうもれて生きてたい。

卒コンの感想 ・その2

さて、卒コンの感想を前回の記事でかいたけど、曲の感想やら個人の感想やらを忘れる前に書こうと思う。武道館で感じたこととスカパー!の録画で感じたことを書いていく。(何度もみるから追加更新したりすると思う)

先の記事にも書いたように私は鞘師オタなので今回はどこを見てよいか分からないライブでもあったんだけど、でもその分全員でやるぞ!!みたいな現メンバーの押し寄せるエネルギー?を感じることができた。
もしかするとこれは鞘師がいたら分からなかったかもしれない。だって鞘師のことが好きすぎるから鞘師がいたら鞘師ばかりみるし。

メンバーのエネルギーの波とオタのサイリウムの光の海とコールのうねりとがまざって押し寄せてくる感覚はあの会場にいないと感じることはできなかっただろうから、あの場所にいれてよかったと思った。




12期の成長を感じた。

*あかねちん
あかねちんは足が長い。うーん・・・胴が短い?
愛され子ども力高い。でもたまにびっくりするほど色っぽい表情する。
クロバットの補助をしてたのにびっくりした。
あと、声!
泡沫の二番のだーねちんパートでこのユニゾンいいなって思っていたんだけど、割りとみんなと合いやすい声なのかなと思った。香音ちゃんが卒業したあとのユニゾンの支えになりそうな声だから期待してる。
今は歌割少ないけどこれから増えるかな。歌割があればもっと伸びると思うし。

*はーちん
歌はまだへにょっとしてる。へにょっとしてても堂々としてるのが好き。
Oh my wish!』の台詞パートよかったなぁ。
ダンスはかなり成長してる感じ。
はーちんに関して一番印象的だったのは笑顔!
ずーーーーっと笑顔なの!
ずーーーーっと楽しそうなの!
これってライブの楽しさを共有する上で大事なポイントだと思う。
はーちんの笑顔は子犬とか子猫をみたときのような気持ちにさせる。
かわいい!かわいい!って。
見る人を笑顔にさせるって香音ちゃんと一緒だね。
はーちんの大きな魅力だとおもう。



*ちぇる
ちぇるは「ねちっこい」
歌もダンスも妙にねちっこくて、ダンスのねちっこさは クセになる。
ちょっと表情はかたいかなぁ。
歌声はこれまたクセがあって面白い。
娘。の歌声をくっきりとまろやかに分けるならくっきりの方に入ると思った。
12期の中では現状一番歌のスキルが高いと思う。
『The Vision』のソロパート「時間たんない」すごくいい!!
だーちゃんとまーちゃんと一緒に歌った『愛して愛してあと一分』も声がすごく合ってたしよかった。
長いソロパートめっちゃよかった。いい声!
でも表情込みの表現力というとやっぱりまだなのかなぁと思った。
なんにしても楽しみ。
でもなんだか最近元気なさげだから、ちょっと心配。
大丈夫だよ。ちぇる。ちぇるは素敵だよ。ちゃんと見守ってるからね。



*まりあちゃん
まりあちゃんは可愛くて美しかった!!
『The Vision』を真横からみたのだけど、後列のまりあちゃんに目が吸い寄せられるぐらいすごく綺麗なの。
やっぱりバレエの下地があるとちがうのかも。
指の先まで繊細で、腕の使い方、姿勢、本当に綺麗だった。
スタイルが良いのでそれがより際立つのかもしれない。
手足がものすごく長いのね!!
以前はそれをもてあましていたように感じていたダンスだったけど、今はすごくそれが生かされているように思う。
分かりやすい綺麗さ、本当に大事!

歌はなんだろな・・・もう少し後一化け欲しいところ。
悪いわけではない。
声をくっきりとまろやかで分けるならまろやか側かなぁ?
でもあの堂々としたミスムン王子は素敵だったな。
初めにハロステで観たときよりもずっとずっとこなれてかっこよくなっていた。
それをみるともっとちがう歌声で出来るんじゃないかなと欲が出る。
まりあちゃんはまだまだ伸びしろばかり
やっぱりツアーで成長するのね。
『すべては愛の力』のソロパートよかったなー。
表情がきらきらしてるのがいいなぁ。


*さくら
モニターでしか表情はみれなかったけど、どのタイミングでもきまってる。かっこいい。
歌声が幅広い。かっこいい歌声も出せればかわいらしく守ってあげたくなるような歌声もどちらもとても素敵。
以前はそれが物まねのように聴こえてしまって損してるなぁと思っていたのだけど、今は小田さくらを確立しつつどれもいけますみたいなオールラウンダーになってるように思う。
鞘師の歌割りを引き継いだところではその声や歌い方のニュアンスを鞘師に寄せてるように感じた。
それはロスっている私にはリスペクトを感じて嬉しくもあるけど、さくらならどうするのか聴きたいようにも思う。もともとの歌のディレクションを守ってるだけなのかもしれないけど。
『声』でのさくらの歌声本当に綺麗。可憐。
さくらの声としてはこういうのが合うのかなと思った。
太いかっこいい声は必要かもしれないけど、やっぱり負担が大きいのかなと感じるところもあった。みんな喉大事にしよう。
ダンスもいいなぁ。さくらのダンスは下半身がえr…セクシーだよね。
なんだろなー。女の子をぎゅっと濃縮したらさくらになるのかなぁ?
Oh my wish!』のときのさくらのぽんぽん可愛い。



*はるなん
一人だけおねぇさんだけど、そのおねぇさん感がこのグループに安定感をもたらしていると思う。
ちゃゆ(ちゃゆは至高)ほどではないけど、はるなんの声も加工に合う声だと思う。
基本可愛い声なんだよね。でも音域によってはすごく伸びる太い声もでるし、セクシーな声もいける。
めっちゃ重要。
モーニングカレーのはるなんのソロよかった!
表情とか本当に大人な感じなのだけど、やっぱり少女っぽい可愛さもあっていいなと思った。



*だーちゃん
小さいけどステージの上では大きく見える。
だれよりもキリッとしててキレッキレでかっこいい。
ダンスチームで踊ってた『The Vision』も『Oh my wish!』も軽やかだけどすごく存在感があってかっこよかった!
『愛して愛してあと一分』の「真っ赤なバラね」のあとのだーちゃんめーっちゃかっこいい!!
そして唇!!最高!!!鞘師気持ち分かるよ!!
なんだかすごく気迫を感じた。
そういう熱がすごく出てる感じ。ちっこいけど熱いの。
歌はポンポンと音に声を乗せていく勢いがある曲が得意なのだろうな。
歌自信なさげな感じだけど、気にせずがんがん歌ってこ!
真っ直ぐな声好きだよ。




*くどぅ
どぅ!!本当によかった!!
あの声質はどこにいても分かる。本当によく声が聞こえた。
歌手として声だけで誰だか瞬時にわかるのは本当に強みだと思う。
リズムが早くなりがちだったり、音程が微妙になったりしてたのが整ってきた感じ。
ハロステでみたミスムンはもうちょっと太い声がだせるようになったらいいなぁと思っていたのだけど、どぅーはどぅーの声のままかっこいいをつかんだと思う。もうちゃらくていいや。「踊ろう」とかファルスだったけど、どぅーはそのままそれを伸ばせばいいと思うの。なんでも極めれば武器になるよねと思った。
かっこいいよ!かっこいいよ!くどぅ!
そして『声』のフェイクすごく繊細で綺麗だったよ。さくらとふくちゃんと一緒でも負けない歌声と表現だったと思うよ。
かわいいも、かっこいいも両方いける!
身体正面で顔だけ横に向けたときの首筋綺麗だからスカパー録画みれる人みて。
いやー今後が楽しみ!!


*まーちゃん
まーちゃんは表現することに関して本当に天才だと思う。
始めのイヤモニのトラブルがもったいない!!もったいない!!
後半の乗り具合とエネルギーをみてると本当にもったいないと思った。

『愛して愛してあと一分』、なにあの表情。どこからもってきた?!
地声と裏声との切り替えがちょっと苦手というかまーちゃん的にやりにくい曲なのかなぁと思った。
セクシーな声の表現と子どものような声の表現とが入り混じる感じが17歳の佐藤優樹の表現なのだろうな。子どもと大人との境目みたいな。ほんと面白い。
安定とはいえないけれど、いつもドキドキさせてくれる。
次のツアーでどうなっているのか楽しみすぎる。

まーちゃんの声も他の声に負けないくっきりはっきり分かりやすい声だと思う。
ただ、声を太く作らなくてもよくない?かっこいいけど、のど痛くない?よく喉壊してるから心配。
がなりとかもコントロールがもっとできるようになったらいいなぁと思った。
でもアクセル踏みまくってるまーちゃんが好きという矛盾。
結局まーちゃんが表現したいことを思うように表現できたらそれが一番正解で、オタクはそれを楽しみに待ってればいいのだという結論。

曲のキーになる声もメンバーによってどんどん変わっていくだろうから今後はもしかしたらまーちゃんを基準につくられたりするのかな。
そうするとまーちゃんが歌いやすい曲がきたりするのかもしれない。そのときにどんな声で歌ってくれるのかが楽しみでもある。

あとリズムを細かく刻んでいてそれがきっちりはまってるのがまーちゃんだったと思う。
歌もダンスも。特にダンスはいつでも気持ちよく音にはめてきてくれるから見てて楽しい。歩いてるだけでもリズムがある。
つんくさんの曲はリズムに乗れないととたんにもったりしたりかっこ悪くなったり、のれなくなったりするから、まーちゃんにはがんばって欲しい。
つんく♂さんの曲の楽しさを表現するのに欠かせないと思うから。
恋愛ハンター』の間奏のダンス、だーちゃんと一緒に最前で踊ってるのに高まる。
『One and Only』の間奏で鞘石の間にまーちゃんでキターーー!!!って興奮したのを思い出す。
ああまーちゃん。もっとみたかったよ。この3人でのダンス。
あとよくくるくる回ってるけど可愛い。もっとくるくるしてくれていいのよ。




*かのんちゃん
『すべては愛の力』のあたまのかのんちゃんのソロ好き!声もすごく好き!!めちゃ笑顔なの。愛だね!!
『Mr.Moonlight 〜愛のビッグバンド〜』のくどぅの相手役になったかのんちゃんがめちゃ乙女!!!
なにあのとろけるような乙女の目!!!ずるい!!くどぅずるい!!!ああでもありがとうくどぅ。かのんちゃんめちゃ可愛い。
かのんちゃんの歌の声を抜くところの抜き具合がすごく好き。
Oh my wish!』かっこよかった。
ソロの『Never Forget』の丁寧に語りかけるような温かい広がる歌声がとてもとてもよかった。あれで泣かないの無理。
かのんちゃんの声がどの曲でもしっかり聴こえてきてて、ああこの響きの歌声がなくなるのは本当にもったいないなと思った。どうかどうかこの歌声がいつかどこかでまた聴けますように。




えりぽん
ずっとずっと歌えるようになってるえりぽん!!笑顔可愛いえりぽん!!セクシーの表情のバリエーションが増えたよえりぽん!!
えりぽんは歌が早くなるのさえなんとかなれば音程は大丈夫なんだからもっと歌割増えるだろなと思った。
声がかわいい!!すごくかわいい!!もっと聞かせてくれ頼む。
『乙女のタイミング』のえりぽん最高に可愛い。
『YAH! 愛したい!』のフェイクはかっこいい声だったけどそれもまたよかったなぁ。
と思ってたらこれ前にガキさんが歌ってたパートだ!!良いお手本いた!!
よかったね!よかったね!!(泣)
『Mr.Moonlight 〜愛のビッグバンド〜』の王子様もかっこよかったな。
歌はやっぱり早くなったりしてたけど、やっぱり王子様らしくてときめいた。
個人的には髪はストレートの方が好き。
ダンスは力を抜くところがうまくなったのかな?
パントマイムラストのところのダンスすごくかっこよかった。
『The Vision』のダンスもすごく綺麗だった。
ダンスに関しては早どりな感じはあまりしなくなったな。
以前は後列に行くと気を抜いているように見えることがあったけど、そんなこともなくずっと集中しているように見えた。他の人の影に隠れがちだけど、地道に積み重ねてきたえりぽんの努力が実になってきているのを感じてとても嬉しかった。
クロバットもとてもかっこよかった。すごく綺麗なバク転。後半でとても疲れてるはずなのに。
こういうところでバシッときめてくれるえりぽん、とてもかっこいい。
かのんちゃんへの言葉でもその場の空気を切り替えてくれるところ好き。
でもふくちゃんの番のとき、その後ろですごく切ない顔してた。
それをみてよりえりぽんが好きになった。
ものすごく同期や娘。のことを考えてること伝わってるよ。
不器用だけど。
そんなえりぽんをこれからも応援していきたい。




*ふくちゃん
『女が目立ってなぜいけない』の「まっすぐ輝けMyFace」のふくちゃんめちゃかっこいい!!!
『Mr.Moonlight 〜愛のビッグバンド〜』の「愛をください」を一息で歌いきるふくちゃんの声綺麗。
『声』の優しい歌声好き!
『乙女のタイミング』の「大好きで大好きで大好きすぎて」ふくちゃんが愛おしすぎてたまらないし、めっちゃ可愛い歌声も好き!
歌が少し早くなることがあったけど、でも安定感・歌声のバリエーション・表現力どれもすごかった。
特にかっこいいのバリエーションが増えたのがすごくいい。
ふくちゃんもどこで正面ビジョンに映っても集中がとぎれていないというか、どれも魅せるものだったと思う。
ダンスはもともとダイナミックででも女性らしくて好きなんだけど、今回ので一番すきなのは『Tokyoという片隅』のだーちゃんとの間奏のダンス。やっぱり私はふくちゃんが女王さまっぽいのが好きらしい。
気高い感じ大好き。
あと、まーちゃんの『愛して愛して後一分』のあの上を向いたときのような表情をふくちゃんもしていた。
ふぁぁああああああああふくちゃぁあああああん!!!
あんなにさ、立派にさリーダーもしててさ、あんなにさ気高い感じの表情もできてさ、あんなにセクシーな表情もできてさ、あんなにさ射抜くようなかっこいい目だったりするのにさ、9期に対してものすごく甘えてる顔や声や態度されたらさ好きって言うしかなくない?
はぁ・・・ふくちゃん可愛い好き。




ここからは気になったところの感想。


歌が早くなりがちになるところがところどころあって、それは気になった。
会場で聴いたときにも気になったけど、スカパー!で観ると更に感じる。
リズムのベースにいた鞘師がぬけたのは大きいなと感じた。
『The Vision』も細かいリズムがずれてパラパラしてたし。
The 摩天楼ショー』もいまいちのりきれなかった。
それがとても残念だった。
だからまーちゃんには期待してる。
今後はEDM路線から泡沫とかミスムンとかの路線にいくのかなぁとも思った。


なんだか小さく固まってる印象。
これは私が真横からみたというのもあると思う。
舞台は広いのに真ん中でなにかしてる。けれど何をしているのかよくわからないという。
パントマイムも正面からみたら楽しいのかもしれない。
でも私の席からみたら本当になにやってるの?という感じだった。手袋に光が当たって反射する演出もスカパー!録画でこんなことしてたんだと思ったぐらい。
それに正面からの映像をみてもやっぱり小さくまとまってる印象。
アンジュルムではあまり感じなかった。人数が多いのになぜだ。
フォーメーションダンスのせいか?

前日のアンジュルムのライブは曲目や演出にめいめいラスト武道館のストーリーがあったように感じる。
娘。の場合はかのんちゃんのセレモニーや9期曲の演出はあったのだけどツアーのまとめにそれを足したというように感じた。
それでも感動したし、かのんちゃん可愛くて9期可愛くて娘。たちも可愛かったのだけど。

あと、正面から見る人だけに演出が特化してる感じはPRISMのパシフィコでも感じた。
そんなものだといわれたらそうなんだと頷くしかないけど。
もうちょっとなんとかならんもんかな。
さゆ卒の映像ではあまり感じなかったんだけどな。うーん。
演出チーム変わったの?


そしてスモークはやっぱり多すぎる。
見えないのと見せないのはちがうと思うの。



******

また娘。の大きな転換期なんだなぁと思った。
たぶん歌の中心はふくちゃん、さくら、くどぅー、まーちゃん。
エースやセンターはいなくてもいいと思うけど、私はまーどぅーを前にだしてほしい。
なぜなら色の変化が分かりやすいから。
くどぅの声はどこにいても分かりやすいし、分かりやすく美少女。
まーちゃんはとにかく人の心をわしづかみにする力がすごい。
あとはリズム感がとてもよいからダンスも歌も見ていて楽しい。

くどぅの声はとても良いと思う。
特徴があって、その声でばしっと決めてもらえるとインパクトが強い。
その分変化を受け入れやすいのかなと思った。
あとは単純にまーどぅーが見たい。私が!

曲によって組み合わせを変えながらメインを担当したり、みんなにすこしずつでもソロパートがあるといいな。
やっぱり歌わないとうまくならないもんね。
スケジュールが詰まりまくってるからなかなか練習に時間もとりにくいと思うし、前に出ること歌うことで成長するところってやっぱりあると思うから。
13期がこのタイミングで追加でなくて良かったと思った。

現メンバーが確実にスキルアップするであろう秋ツアーが楽しみ。
どこか行けたら良いなぁ。